家庭用脱毛器基礎知識


ここ最近、家庭用脱毛器の性能がとても良くなってきています。

犬11以前は、自宅で脱毛といえば、カミソリ、毛抜き、脱毛クリームやワックスといった、その場しのぎの方法しかありませんでした。

しかし、ここ最近では、家庭でもかなりお求めやすい価格で、脱毛効果も持続する本格的なものが増えてきました。

家庭用で普及してきたもので、一番多いのは、光エステといわれる光をつかった脱毛方法です。注意したい点は、黒い色に反応するので、日焼けした肌、ほくろ、刺青などの部位には使用を控える。

また湿疹や傷など肌にトラブルがある部位も使用しないこと。また、あらかじめムダ毛は短く処理しておくこと。

ホルモンバランスが不安定な妊娠中や生理中の使用も控えた方が良いです。

また、人によっては光刺激に敏感な方ごいますので、初めて使用するときは、様子をみながら、使用頻度などはきちんと使用方法を守って、速く脱毛したいからと必要以上に使用しないことなどが、あげられます。

また、脱毛後、肌がほてっていたり熱を持って、やけどのような状態になった場合は、使用をやめ、肌をしっかり冷やしてクールダウンし、その後化粧水などで保湿して、様子を見てください。

万が一、それでも症状が落ち着かない場合は、皮膚科などを受診してください。

コメントは受け付けていません。